あなたの発射時の目標位置:Aboutus主なアトラクション
正門
 「正門」は草堂の主な建築群の第1建造物となっており、浣花渓に面している。唐代、河は深く広く船も行き来することができ、杜甫の詩にある「門に泊まる万里東呉への船」の証となっている。  正門横額の「草堂」2文字の書は、清代康熙帝17子、雍正帝の弟果親王、愛新覚羅•允礼の手書きによる。 [Details]
「少陵草堂」碑
 「少陵」は杜甫の別の名である。杜甫は長安南に滞在したことがあり、漢の宣帝と許皇后がそこに葬られ、宣帝墓は「杜陵」という名、許皇后墓は宣帝墓より小さいため「少陵」(「少」は「次に小さい」の意)と名が付けられており、杜甫が陵墓付近に住んでいたので、その地名から別の名を取り、自ら「杜陵野客」、「少陵野老」と称[Details]
Total 5 pages 18 rows From page 17 to page 18 First [<] 1 2 3 4 5
  • Open Times
  • Ticket Offers
  • Annual card processing
  • Tours Service
  • Buses Line
  • Parking Guide
  • Accommodation
  • Dining