あなたの発射時の目標位置:Aboutus主なアトラクション
草葺旧居
工部祠北側の林に、杜甫詩の内容と明朝の構造規格に沿って草葺の旧居を再建した。古の思いを募らせるものとなっている。[Details]
工部祠
「工部祠」は草堂の主な建築群の最後の建造物となっている。杜甫像を祭る御殿として建てられている。杜甫は「検校工部員外郎」を勤めたゆえに、「杜工部」という名称があり、それゆえこの建物を「工部祠」と命名している。[Details]
大雅堂
「大雅堂」の名は“詩経”の「大雅」に源を発しており、500平方メートル内に、一面巨大な壁画と12体の古代詩人像を陳列している。壁画は64平方メートルあり、今に至るまで中国国内最大のものとなっている。壁画は組み合わさって一つになっており、杜甫が壮年時にさすらい、長安にて困窮し、戦乱に遭い離散し、成都に寄寓し、四川省奉節県に短期滞在し、湖南を漂泊する生活の主要段階及び「望岳」「秋興」「茅の屋の秋風に破られし歎き」など代表作を限りがある平[Details]
柴門
「柴門」は、もともと杜甫が草堂を建造した際、造られた庭に通じる門であり、草堂で創られた詩を読むとき、度々柴門に関する文に接することがある。そのため、清代草堂修築時、趣があり質朴なこの門にこのような命名をした。[Details]
Total 5 pages 18 rows From page 13 to page 16 First [<] 1 2 3 4 5 [>] Last  
  • Open Times
  • Ticket Offers
  • Annual card processing
  • Tours Service
  • Buses Line
  • Parking Guide
  • Accommodation
  • Dining