あなたの発射時の目標位置:Aboutus主なアトラクション
唐代遺跡
2001年末、当館の地下パイプを敷く際、正門西側と工部祠北東に唐代の井戸の穴と生活遺跡を発見した。この遺跡内で多数の生活用品及び唐代僧侶の、字が彫られている墓石を出土した。この発見は、杜甫草堂へ多数の陳列物を提供することとなった。特に墓石出土は、1.杜甫が描写した浣花渓一帯の自然風景•生活情景及び草堂位置が正しいことを証明するものとなり、[Details]
水檻
 「水檻」は杜甫の草堂生活中、もっとも情緒溢れる景観があるところだった。杜甫はたびたび手すりによりかかりながら遠くを眺めたり、座って釣りをしたりした。今の水檻は清代に造られたもので、杜甫の詩に描かれている青く透き通った渓流•青緑の竹やぶという環境•雰囲気を残している。[Details]
詩史堂
 「詩史堂」は草堂の主な建築群のメインホールとなっている。清嘉慶16年(1811年)草堂修築時に命名された。杜甫の詩歌創作は唐代の全盛期から衰退までを如実に記しているので、歴来「詩史」の名誉が与えられており、この建物もここから名を得ている。[Details]
南门
南门[Details]
Total 5 pages 18 rows From page 9 to page 12 First [<] 1 2 3 4 5 [>] Last  
  • Open Times
  • Ticket Offers
  • Annual card processing
  • Tours Service
  • Buses Line
  • Parking Guide
  • Accommodation
  • Dining