あなたの発射時の目標位置:Aboutus主なアトラクション
詩歌大道
中国は詩の国家と言えます。杜甫は中国の文学史上、過去のものを選りすぐり、未来に啓発を与えた偉大な詩人で、後世の文人たちに大きな影響を与えています。杜甫草堂は杜甫が成都に寄寓したときの住まいで、文学の聖地になっています。[Details]
大廨
 「水檻」は杜甫の草堂生活中、もっとも情緒溢れる景観があるところだった。杜甫はたびたび手すりによりかかりながら遠くを眺めたり、座って釣りをしたりした。今の水檻は清代に造られたもので、杜甫の詩に描かれている青く透き通った渓流•青緑の竹やぶという環境•雰囲気を残している。[Details]
花の小道
 杜甫の詩曰く:「花径嘗より客のゆえに掃くことはせず」。これより推測すると、当時両側に花の木がたくさん植えられていた一筋の小道が草堂に通じていたはずである。いわゆる「花の小道」である。  花の小道の入り口にある目隠しの壁“草堂”は、もともと清代周善培が書き記したもので、後に壊され、その弟周竺君が書き直したものである。1958年毛沢東はここで写真を撮り、代表的観光地点となった。 [Details]
草堂を想う
杜甫は後世に名を残す偉大な詩人であり、その面影は杜甫がかつて成都に住んでいた場所、中国文学史上における聖地、草堂として今もなお残っている。杜甫の愛国思想と高尚な情操は人の感情を呼び起こし、引き付ける強烈な力があり、後世の多くの人々に励みと啓発を与えてきた。 [Details]
Total 5 pages 18 rows From page 1 to page 4 1 2 3 4 5 [>] Last  
  • Open Times
  • Ticket Offers
  • Annual card processing
  • Tours Service
  • Buses Line
  • Parking Guide
  • Accommodation
  • Dining