あなたの発射時の目標位置:私達について主なアトラクション

草堂を想う

Source:   Published :2010-03-10 19:00:17 Clicks:

 

 

杜甫は後世に名を残す大な人であり、その面影は杜甫がかつて成都に住んでいた所、中国文学史上における地、草堂として今もなお残っている。杜甫の国思想と高尚な情操は人の感情を呼び起こし、引き付ける烈な力があり、後世の多くの人々に励みと啓発を与えてきた。 千数百年にわたり人々は杜甫を仰ぎるため、ここ草堂をれ、草堂は国内外における有名な文化旧となった。
建国以来、共党政府や国家の指者は草堂に特心と思いを寄せ、とりわけ、毛沢東小平、江民など最高指者たちは自らそのに赴いて学し、特な注意、保を指示した。さらには各界の著名人、海外の貴賓たちもここ草堂をれ足を残し、これら全ては草堂の史におけるかしい一き加えることとなった。
  • Open Times
  • Ticket Offers
  • Annual card processing
  • Tours Service
  • Buses Line
  • Parking Guide
  • Accommodation
  • Dining